今読んでいる本は観相の本です。
このサブタイトルが「人は見かけで99%わかる!」です。

人相学といえば、江戸時代の水野南北の話が有名です。
彼はどうしょうもない極悪な貧相でしたが、一年間麦と大豆だけで暮らしたら、人相が変わったそうです。

食生活って体形だけではなくて顔にも現れるんですよ。
これ本当です。

【東洋観相秘占】小野十傳著



汚いツラ出して申し訳ないが私の例出します。
まずは頭の形。

atama

青い線が頭の形ですが、ここだけ文字が小さくなるほど私は愛情の部分が小さいです。

やっぱり知力の部分だけにおでこが広いというのは良相で、聡明だそうです。

道徳の部分が凸凹しているのは道徳的観念に問題あるので大凶。

攻撃の部分が張り出しているのは隠し事の多い人なので、秘密を守るために攻撃的になるそうです。

これらを総合的に判断しなくていけないそうで、私の場合は愛情部分の張りがないので、

まあいわゆる薄情な人です。


耳の後ろ側を触ると骨が出ているのがわかりますか?
耳に沿ってカーブしているはずです。

ここは”寿骨”といって、触ってわかるくらいだと強運の持ち主だそうです。

そういえば犬や猫にも人相ならぬ相があるんですよ~。

耳の後ろの寿骨が出ている犬猫は賢いそうです。
人の様子を窺ってその時々で態度を変えるそうです。逆はマイペース。
a2851f66.jpg


あと額の狭い犬は、飼い主がなだめてもいつまでも吠え続けているそうです。
でも額の広い犬ってどんなん?
飼っている人おせーて!

≪このほかの観相に関する記事≫
有名人から人相を観る歯並びについて

女性必読?!気になる男性の"アレ"の観相

ナンパに成功しやすい女性を見抜くしぐさ

ハゲ歓喜!!! 良い人相のハゲはコレ


ブログ村に参加しました!
手相や人相の記事がたくさん掲載中!