カナダで一番人気のあるスポーツはなんといっても、本場アイスホッケー。次にフィギュアスケートです。
そのため、フィギュアスケートの中でも世界で初めてトリプルアクセルに成功した伊藤みどりさんはカナダでは今でも”神扱い”です。
伊藤みどり1
出典:光と影のドキュメンタリー!

先日安藤美姫さんのフィギュアスケートの解説で「伊藤みどりさんは別格です」と話していました。
何がすごいのかというと、彼女が現れるまでフィギュアスケートというのは、美人でスタイルが良ければ技は二の次だったのです。

実際に、彼女がトリプルアクセルを7度も成功したカルガリーオリンピックは伊藤みどりさんは最初から-0.2スタートでした。
145㎝42kgの体型は、「美しくない」という意味で
明らかな人種差別もありました。

カルガリーオリンピックで優勝したのは東ドイツの美人スケーター、カタリーナ・ビットです。彼女は今でもドイツの英雄ですけどね。
当時7年経ってやっと入手できたBMWを難なく手にしてブーイングだったそうです。(ドイツ人談)

オリンピックでは今でも
黒人の水泳選手はいませんよね?
白人どもが一緒に水の中に入るのが嫌だそうです。
オリンピックというのは、人種差別との闘いともいえる場です。

そんな場で伊藤みどりさんというのは、たった一人でアジア人として勇猛果敢に世界に飛び立ったフィギュアスケーターだったんです!

そんな伊藤みどりさんの観相をしてみました。
itou1
出典:MUR MUR別館

小さく細い一重の目は粘り強いタイプ。多少のことでは動じません。感覚も鋭く洞察力に長けています。忍耐力があり辛抱強くコツコツと自分の仕事を一心にやり遂げる職人さんタイプです。

頬骨も出ていて、ある程度エラも張っているので、責任感が強く自己主張しすぎない程度に強いです。


長いあごは、闘争心が強くあきらめません。ライバルがいても全く動じません。
hqdefault
出典:youtube

段のついた鼻はリーダー気質が強い人。積極的で行動は早く、忍耐強さがあり直感的です。失敗や苦悩から着実に立ち上がる力強さがあり、人からは頼もしい存在と見られます。

大きい耳で風門(耳の穴の下部分)が大きいので、何事にも強い意志をもって常に努力を惜しまず物事に立ち向かいます。

歯並びが良いのは育ちがよい証拠。

顔を三分割すると額が狭く、幼少期は不運だったと思われます。
実際に大変苦労されたようです。


総じて忍耐強く、信念をもって自分の道を進む職人タイプの方です。
あごが長いので、晩年は安泰です。
これからもご活躍を祈念しております!