面白い記事を見つけました。

「顔を見ただけで、その人の知性は見抜けるか?」について調べた研究で、
全体的に以下の特徴を持った顔ほど「知性的」と判断されやすいらしい。

1.ほっそりした輪郭
2.アゴが小さい
3.長い鼻
4.目が大きい
全体的に微笑んでいるような顔が頭良く見えるそうです。

逆に、エラが張っていて輪郭が四角っぽく、角ばった顎を持ち、鼻が短いと「頭が悪そう」と思われるそうです。

知性が高そうな顔と知性が低そうな顔の例。

男性
men1

女性

women

表情が怒っているように見えるのもバカっぽく見えるようです。
への字口の人は要注意!
覆船口といい、不平不満が多く意地っ張り。万事全てを悪意に取るという嫌な人が多いです。ただししぶといのが幸いで事業主になると生き残れる。

角ばった顎は直情直行型なので、カーッとなって何をしでかすかわかりません。
女性の場合は頑として動かず「へ理屈ならだれにも負けない」というくらい口が達者なのでウザがられる傾向に。

短い鼻の持ち主は短気。

要するに、
短気=バカ
って定義なんですね。

たしかにマル頭悪いもんねー。


出典:Buzz Plus NEWS